【秋葉原のライブ&バー店】ディアステージ(Dear stage)に女子ひとりで行ってみた感想

 

ハローこんにちは。

尾宅野リッカです。

 

本日は私のお気に入りのバー「ディアステージ」をご紹介します。

略して「ディアステ」と呼ばれています。

どこかでその名を聞いたことはありますか?

かの有名な、でんぱ組.inc発祥のスポットです。

アイドルさん達がバー業とミニライブをされているお店であります。

「バー」とは言いましても、お値段高いお店でもゴリ接客のお店でもないんですよ~。

また、「秋葉原」と「でんぱ組」という単語から既にお分かりいただいているかもしれませんが、

プランク
オタク要素の高いスポットです(直球)

アニメ系の歌を扱われているアイドルさんが多めなので、自然とオタクが集まる(笑)。

それを良く解釈すれば、「地味で欲のない人でも気軽に楽しめちゃうバー店」ってことですよね。うん。

かく言う私はまだ数回しか足を運んだことがないのですが、初心者にも分かりやすいようにご紹介致しましょう!

リッカ
店内は飲食物以外は撮影禁止なので、内装の写真は載せられません。ご了承下さい

 

ディアステージってどんなお店?

土日祝日の営業は基本17時からです。

アイドルさんとのお喋りもミニライブも楽しめちゃう、おトク感があるバー。

でんぱ組が一番の有名所ですが、私の大好きな女児アニメ「アイカツ!」シリーズの歌唱を担当されているアイドルさん達も在籍されております。全員ではありませんが。

「スタートゥインクルプリキュア」の主人公・星奈ひかるちゃんの声優である成瀬瑛美(通称えいたそ)さんなんかもオタクにとって馴染みが深い。

なお、アイドルさん達は通称「ディアガールズ(略してディアガ)」に加え、男装をなさっている「ディアボーイズ(略してディアボ)」もいます。

ディアガが可愛いのは言うまでもありませんが、ディアボの方々のイケメンっぷりも半端じゃないんですよ~!

 

さて、ディアステのロケーションは電気街周辺ですが、ちょっと分かりにくいです。秋葉原駅の電気街口から徒歩5~7分くらいですかね。

 

これが外観です。

2021年3月に再撮影

なんか、入りにくいオーラがありますよね・・・。

(怪しいお店じゃありませんよ~)

いくらオタクの私とはいえ、最初は扉を開けるのに勇気が要った。

でんぱ組という大物アイドルの発祥地とは思えないほどの小さいお店です。

入ると、「入場料」+「ドリンク1回分引き換えコイン」として1,000円のお支払いがあります。

バーの中は3階立てになっています。

1階:ライブステージを観ながらスタンディングバーで楽しむ

2階:明るいダイニングバーで仲間と楽しむ

3階:落ち着いたカウンターバーで会話を楽しむ

ディアステージ公式サイト「ご案内」より引用)

要するに、1階はオールスタンディングでミニライブが拝めるフロアで、2階と3階はディアガ&ディアボとお話しながら飲食ができる席型フロアとなっております。

2階と3階はその日に出勤しているディアガ&ディアボ達がそれぞれ5~8人ずつ配属されています。

2階は照明が明るめでカフェ風なのに対し、3階は暗めで従来のバーに近いので、また少し違った雰囲気が楽しめますよ。

料金システムはこう。

1F:ご入場+1ドリンク(1,000円)

2F:テーブル席 最初の1時間600円、以降30分200円

  カウンター席 最初の1時間600円、以降30分300円

3F:テーブル席 最初の1時間600円、以降30分200円

  カウンター席 最初の1時間800円、以降30分300円

ディアステージ公式サイト「ご案内」より引用)

まあ、値段的には普通のメイドカフェと比べて同じくらいってとこですかね。

ドリンクは500~700円くらいで、おつまみは500円前後が中心。

日替わりのメイン料理は丼ものやパスタものやサラダなどがありますが、そのお値段は1,000円ちょい。普通の飲食店と変わらないと言ったところでしょうか。

ちなみに2ショットチェキ(ポラロイド撮影)は一回1,000円と、こちらもお値段はまあ普通。

でも、追加料金なしにミニライブも楽しめちゃうなんて、めっちゃ良くないですか!?

ミニライブは休日は通常、第一回が18時から、第二回が20時から、第三回が21時20分からスタートです。

各回30分くらいです。選曲は、個人の持ち歌よりもアニソン・萌えソンのカバー多め。

1階のライブステージは収容スペースも狭めなので、歌って踊るアイドルと距離がめっちゃ近い!!

本当にアイドルが「真ん前」なんです。圧巻の大迫力。

やっぱみんな歌うまいです。

さすが、難関のオーディションを通過しているだけあるな~と思わせるほど。

あと、小さい規模のライブとは言え、客のオタゲーとコールも凄い。

リッカ
過度なオタゲーはお店から追放の対象になるそうなので、ハメを外しすぎないようにお気をつけて!

 

ディアガ・ディアボとのお喋りを重視するか、ライブを重視するかは人によりけりでしょう。

あなたはどちら・・!?

 

ディアステージに行ってみた

それでは、直近に行った日のレポートを紹介いたします。

この日は、バーは3階のみの営業でした。

【出勤されていたのは】

  • 愛野えり(ディアガ)
  • 上花楓裏(ディアガ)
  • 桜野羽咲(ディアガ)
  • 天沢璃人(ディアボ)
  • 霜月伶夜(ディアボ)

(敬称略)

 

リッカの行動記録

  1. 1階でライブ第一回を鑑賞
  2. 3階でドリンクタイム
  3. 1階でライブ第二回を鑑賞
  4. 3階でドリンクタイム
  5. 1階でライブ第三回を鑑賞
  6. 3階でドリンクタイム
  7. 10:20頃退店

 

【ライブの内容】

  • 第一回:璃人「彼方此方(ダンスのみ)」「ELECT(ダンスのみ)」

        楓裏「木漏れ日がくれた季節」「永久の呪文」

  • 第二回:羽咲「劇薬のシュロギスモス」「Catch the Moment」

        えり「右肩の蝶」「DEAD OR LIE」

  • 第三回:えり 「ATLAS」「丸の内サディスティック」

        璃人「愛迷エレジー」「阿吽のビーツ」

 

この日は短縮ライブ(各回2人)でした。

通常の営業の場合は確か各回につき4~5人です。

また、普段とは違い、20時頃から3階はオールスタンディングに開放になりました。

ドリンクはマンゴージュースとウーロン茶をオーダー。

ディアステージのマンゴージュース

ディアステのロゴ入りコースターも、オタクに刺さります。

ディアステージのドリンク(コースター付き)

 

最初のライブが終わり、3階に上がったとき、ディアガの愛野えりさんが熱烈歓迎をしてくれました。

アイカツの歌唱担当をされている方です。北大路さくらちゃん、姫里マリアちゃん、風沢そらちゃん、栗栖ここねちゃん役をされています(特にさくらちゃんとマリアちゃんは妖精系キャラです)。

妖精系の雰囲気にピッタリな不思議な歌声の持ち主。私の話に全力で返してくれたし、とっても気さくなんです!

堀が深くてフランス人形のようなお顔立ちの美形さんで、大きなお目目が印象的な方。細いし。

感極まって2チェキ撮っちゃいました。

愛野えりさんとのツーショットチェキ(北大路劇場ポーズ)

ポーズは「北大路劇場」

「北大路さくらちゃん推しなんです」と伝えたら、えりさんがご提案をしてくださったポーズでございまぁ~す!!

めっちゃ嬉しかった~~~~!!

 

ドリンクを運んできてくれたのは、ディアガの上花楓裏(ふうり)さん。

彼女もアイカツの歌唱担当をされています。霧矢あおいちゃんと音城セイラちゃん役です。

背丈がとっても小さくて(150cmくらい)、色白の黒髪で、まさに「正統派美少女」な方!!

アイカツの経歴を考えるとたぶん成人されているはずですが、あまり歳を感じないんですよね。

愛らしい見た目とは裏腹に、物腰が颯爽としています。

「セーラー服が似合いそう!」と言ってみたら、少し照れていました。

 

ディアガの桜野羽咲(うさ)さんとはとても元気系!

赤みのかかった金髪に赤い口紅が似合う、綺麗なお姉さんです。

見た感じTOWICEっぽかったので、それを伝えてみたら「TTポーズ」をしてくれました。

やられたっっ(*´Д`)

ステージではなんと、パフォーマンス中に客ひとりひとりと目を合わせてくれるんです!

(私も例外ではなかった。見つめあってしまった・・・😍)

 

ディアボの天沢璃人(りと)さんとはタイミングが合わずで、あまり話せなかった・・・。

髪を銀色や緑色に染めてらっしゃる。ビジュアル系バンドにいそうな男装さんです。

短髪にしていてもどこか女性感はありますね。スッピンも綺麗なんだろうな~という感じでした。

ダンスのキレがすごく良くて風のようで、白いシャツのなびき方までカッコ良かった~。

しかしステージで裸足だったのは何か意味があるのだろうか(誰か教えて)

 

そして、ディアボの霜月伶夜(れいや)さん。

今回は臨時出勤だったのでライブは無しでしたが、

めっっっちゃイケメンです!!

検索してみれば分かります!ホスト顔負けのルックスですよ!

鼻が高くてシュッとしてるので、平面顔の私からするとすごく羨ましい(´・ω・`)

写真だけ見るとクール感がありますが、実はとっても話しやすい方。

なんと、金銭的事情のお話を聞かせて頂きました(いいんですかそれ・・・笑)

11月に生誕祭があるので、「絶対に行きます!」と、熱い思いをしっかり伝えてきました。

ふふっ。

 

ディアステでオタクライフを益々エンジョイしているオタク女から、最後に

以上、秋葉原の神スポットのご紹介でした。

これは行かないと伝わりにくいのですが、普通のメイドカフェとは何か違うんですよね。相手が本物のアイドルだからでしょうか。

少ないお金でアイドルとリアルにお話もライブも楽しめちゃう、超穴場のバー。

私はオタ友が皆無なので行くときは一人ですが、そういう方も多いのでご安心下さい(あくまでもアイドルとの触れ合いが中心なので周囲のオタクは自分に興味がないので)。

でも、オタクじゃなくてもノリで楽しめること間違いなしのお店!

非日常的な雰囲気を楽しめちゃいます!!

電子部品を買ったその足で夕方から気軽に立ち寄られてみてはいかがでしょうか?

リッカ
店内はトイレ2つだけなので、済ませてから行った方がいいかも
プランク
下品なアドバイスですみません

 

また来るね・・・💖

秋葉原ディアステージ公式サイト

 

それでは、ごきげんよう💖