【ベルサイユのばら】漫画の感想とフランス史書籍から学ぶドラマをオタク女が考察・解説

 

ハローこんにちは。

尾宅野リッカです。

本日は、引きこもりのオタク女子なら良さを100%共感してくれるだろう漫画

「ベルサイユのばら」 をご紹介しましょう!

この少女漫画、現代っ子も一度くらいは聞いたことありますよね?

 

リッカ
「オスカルさまああぁぁぁ」

の、漫画です。

「薔薇は薔薇は、美しく散るぅ~」の強烈なOPでお馴染みの。

男装の美女「オスカルさま」が主人公で、フランス革命に沿った、涙モノの物語ございます。

リッカはスカパーで再放送を見て・・・ええ・・めっちゃハマりましたとも。

アニメ版から興味を持って漫画を大人買いした次第であります。

更にベルサイユのばら愛がヒートアップして、フランス史の書籍まで買ってしまいました。これは後にご紹介します。

 

ほいじゃあ、漫画ベルサイユのばらワールドについて、

そしてフランスの歴史的なことにについてもサラっとご紹介しますね!

 

ベルサイユのばらってどんな漫画?

池田理代子作。

舞台は絶対王政時代の中世フランス。

1970年代に「週刊マーガレット」にて掲載されたそうです。

コマをパラパラめくると、マリーアントワネットをはじめ、派手なドレスや宝石に身を包んだ貴婦人がわんさか。

やばいくらいの昭和感が。。。

↓みんな目がこんな感じ。

 

でもギャグ風の絵のコマもあるんで、肩の力が抜けますよ~

また、衝撃シーンでの描写が大袈裟で笑えます。

↓こういうの。ガ●スの仮面的な。

 

おっと失礼。

ベルサイユのばら(以下ベルばら)は、中世ヨーロッパのロマン溢れるとても良い作品です。

フランス革命の真実に基づき、ちょっと美化されてモジられたストーリーとなっております。

男装のイケメン美女の主人公・オスカル様がとにかくカッコ良くて美しいのです!

読めばあなたもオスカル様に恋をすること間違いなし!の古風な少女漫画です。

 

こんな方に読んでほしい

    • フランス革命に少しでも興味のある方(模範解答)
    • 中世ヨーロッパにロマンを感じる方、触れてみたい方
    • 現代の少女漫画に少し飽きてきている方
    • これからフランスに旅行に行く方
    • 悲恋の美しき物語に浸ってみたい方
  •  

    リッカ
    読破後に悲恋ストーリーの妄想をしちゃった!
    プランク
    うっわっ、キッモッ

    主人公・オスカル様をご紹介

    言わずとも知れたヒロイン。架空の人物ながらも本作のヒロイン。

    子が女しか生まれない貴族の父親に「息子として」の人生を強要され、男として育てられる。

    馬術・剣術・音楽・勉学いずれも完璧な、男装のイケメン美女。

    女性だがフランスの近衛兵(高貴な軍隊のこと。なお、顔もイイじゃないと入隊できないらしい)の指揮官を務める。

    14歳でオーストリアからフランスに嫁いできた同い年のマリー・アントワネットの護衛をスタートし、彼女と親睦を深める。

    世慣れしきれていない年齢で王女様になってしまったアントワネットを、様々な方面からサポート。

    とにかく内面外面ともメンズ顔負けのイケメンで、貴婦人たちから絶大な人気を誇り、舞踏会でも常に注目の的。

    半面、その美しさとりりしさゆえに男性までも虜にする。

    そして後にフランス革命の指導者となる。

    聡明で強く、しかも感受性豊かな人間性の持ち主!!

    貧しい平民や子供のために、時には自分の立場を犠牲にすることすら惜しまない方なんです。

    美しく戦い、美しく散った、まさに「ばら」のような素敵な女性。

     

    「オスカルさまああぁぁぁ」

    ↑私はこうなった(爆笑)

    これ以上言葉で説明するよりも彼女のイラストを見た方が早いかな。うん。

     

    ベルばらの読みどころ・内容を少しご紹介

    ベルばら独自のフィクションを歴史的事実も交えて紹介。考察多めです。

    なお、歴史の事実に関してはこちらのフランス革命モン書籍

    「詳説・フランス革命 ―革命勃発~人権宣言採択ー」

    を参考にしました。

    歴史音痴・読解音痴でもスラスラ読める本です。ベルばらの漫画と併せて読むと理解が深まりますよ!

     

    オスカルとアンドレの恋愛

    もう、オスカル様!どうしてアンドレの魅力にずっと気づかなかったの!?

    と思う読者も多いかと思います。

    アンドレはオスカル様の家臣(面目上)であり、常に行動を共にする戦友でもあったんですよね。

    無鉄砲なオスカル様は彼から抑制されることによって、最悪の事態をまのがれていることもしばしば。

    彼は前半はきほん心優しい脇役でしたが、ある事件の当たりから、イケメン度が急激に加速する!!

    フランス革命前の騒動に乗じて共に困難に立ち向かい、信頼関係をを深め、距離を縮め合う二人。

    身分の差を超えた大恋愛!

    愛する人のためなら喜んで命を投げ出す

    という忠誠心をも交えた愛を貫き通したアンドレ!

    いわゆる悲恋なのですが、本当に見ててとろけそうになりました。

    彼は事件で不運にも片目を負傷して後に失明してしまいます。

    そんな時に彼はオスカル様にこう言います。

    これが・・・おまえの目でなくて・・・よかった・・・

    この言葉、まじ泣いたし (´;ω;`)

    こんなこと本当に愛している人にしか言えませんよね。

    あなたも、身近な男性に目を向けてみては・・・?

    ふふっ。

     

    アントワネットとデュバリー夫人との対立

    これ歴史的事実。ひとことで現すと、昼ドラっぽかった。

    デュバリー夫人とは、当時の国王・ルイ15世(ルイ16世のお爺さん)のお目かけだった女性です。

    アントワネットはフランスに嫁いで間も無く、彼女にとって「こんな下品な女が嫌い」の人間像ドストライクであったデュバリー夫人と速攻で対立関係になったそう。

    (デュバリー夫人を良く思わない女貴族たちの計らいもあったそうですが)

    挨拶するだのしないだの、互いのつまらん意地の張り合いが宮殿内の沢山の人を巻き込み、男性から見てもヒヤヒヤモンだったんだとか。

    漫画を読んだ限りだと「実に下らん」としか言いようがないのだけど。なんかこういう女同士のヒリつきって古今東西関係なくあるんだなーと、思いながら見てました。

    明日は我が身。うむ。

     

    アントワネットとフェルゼンの禁断の恋

    夜の仮面舞踏会で出会い、その後何年もかけて惹かれあっていく王女アントワネットと、スウェーデンの貴公子・フェルゼン。

    なんか凄くロマンチックで絵になってた。

    アントワネットは一国の王女であるがために決して結ばれない、叶うことのない恋・・・

    いかにも少女漫画的な下りだな〜と思ってたんですが、これも歴史的真実だったそう。

    フェルゼンの

    「自分の存在はアントワネット様の為にならない」
    →フランスから離れる
    →「それでもアントワネット様が好きだ!」
    →フランスに戻ってくる

    というパターン。まあ、恋は盲目なので、分からなくもない。

    (私個人的にはオスカル様とアントワネットのコンビの方が好きですけどね)

    しかし、ふたりの仲にちゃんと気付いていたルイ16世はリアル世界ではどんな思をしていたんでしょうか・・・

     

    むごすぎる首飾り事件

     

    オスカルの刷り込み以外は全て事実です。

    歴史上でもそこそこ有名な詐欺事件。

    超高額な首飾り(なんと日本円で250憶円!さすがにアントワネットも購入を拒んだそう)が発端となった事件。

    地位の高い大司教までもが騙されて利用された、本当に見事な詐欺事件。

    王室を奈落の底に突き落としたきっかけになった事件とも言える。

    犯人のジャンヌという女性は詐欺の腕に関してはガチのトップクラスなんですよ。今の日本人にここまで悪知恵の働くのがいるのかってくらい。

    彼女は逮捕されても、裁判で無実を訴える嘘トークで国民の心をうまく掴んだんですよね。

    この事件から生まれた誤解が、国民の怒りの矛先をさらに王室に向かわせたんだとか。

    なお、刑罰をくらった彼女を牢獄から脱走させた人物は未だに不明らしい。


    リッカ
    中世のヨーロッパの謎ってちょっとカッコいい
    プランク
    オタクの安易な発想

    ちなみに、その後の彼女の死に方は歴史上とアニメと漫画でそれぞれ違うのですが、どれもなんか意味深ですよ~

     

    当時のフランスの事情描写

    漫画の前半巻は貴族中心の描写だったのですが、5巻辺りから平民の登場人物にスポットライトが当たり、絵調がゴロっと変わります。

    オスカル様が少しずつ国民と触れ合っていく過程で見る当時のフランスの貧困状態が、酷すぎる・・・

    平民は食べ物どころか靴を買うお金もなくて裸足で生活していたなんて、現代の日本では想像もつかないですよね。

    「派手好きな無駄遣い王女」として国民から妬みの対象となったマリーアントワネット。

    贅沢に恵まれた彼女を国民が僻む気持ちも非常に分かるが、彼女の悪い噂がだいぶ盛られていた感が。

    あくまでも私の勝手な解釈ですが、マリーアントワネットは根は悪い人ではないけど、王女になるには若すぎて、学ぶ機会がなかったのでしょうね(歴史上でもそんな感じの説があるそう)

    贅沢や賭博による無駄遣いを悔い改めた時にはもう既に遅し。

    もっと国民と積極的にコミュニケーションを取っていたら運命は変わったのかも・・しれません。どうなんでしょう。

     

    地味な見どころ:実は良心的なルイ16世

    マリーアントワネットが目立ちすぎてて影の薄かった王様。

    世界史の教科書では小太りの容姿が印象的なあの方です。

    でも実際はとてもいい王様で、国民からすごく慕われていたそう。

    (これも歴史的事実です)

    災害に乗じて、職に困っている国民達にちょっとした仕事を分け与えているシーンは刺さりました。

    前代の無駄遣い王・ルイ15世とは対照的に倹約家で、趣味は狩り・読書・錠前作り。つまりとても地味な方だったんだとか。

    漫画では少しトロくてアホな人に描かれていましたが、フランス革命の勢いで処刑されたのは本当に可哀想でしたね。

    世界史に詳しい方は処刑直前に彼が発したこんな言葉をどこかで聞いたことありますか?

    わたしの国民たちよ わたしは罪なくして死んでゆく しかしわたしを殺そうとする者たちをわたしは許そう

    わたしの血が祖国フランスの幸福の礎(いしずえ)とならんことを!!

    (翻訳の仕方にによって若干違うらしいですが)かっこえぇ王様やんけーーーー!!!

    このシーンをコマで見てしまうと胸が苦しくなりますよ~。

    実際、見た目は冴えないけど私欲の少ない優しいお方という説が強いそうです。味のある人物なので、漫画ではオスカル様との交流をもっと描いてほしかったな・・・。

     

    べるバラと歴史を紐づけて哲学したオタク女より、最後に


    ベルサイユのばら。フランスの歴史に基づいたとてもいい作品です。

    アニメのサントラが超絶美しいので、アニメから入るのもいいかもしれません。原作の漫画とは違ってギャグ描写がほとんどないんですけどね。

     

    世界を驚愕させた「フランス革命」。
    当時の政治経済事情・思想・エゴなどがもたらした悲しき運命、とでも言いましょうか。

    しかし、古いもの(ここでいう絶対王政)を壊して新しいもの(立憲君主制)が創り出される、つまり時代の移り変わりは、多かれ少なかれ重要なんですよね。

    ガラケーからスマホへの移り変わりも地味にソレだし。


    ・・・って、世界史赤点経験者だった私が偉そうに語ってしまった。

    かく言う私も歴史本と漫画を読んだだけで当事者でもないので、やはり誤解や偏見も多いかもしれませんがね。

    新たな情報が得られ次第、加筆修正するのでご容赦下さい。

     

    アニメも漫画も終わり方が少し淋しかったですが、自分が生まれる前の少女漫画からここまで学ばされるとは。

    なお、漫画ベルサイユのばらの続編で「皇帝ナポレオン」という漫画があります。

    そう。主役はかの有名なナポレオン。

    実はベルばらのコマにも少しだけ出てきていて、彼のポテンシャルを感じ取ったオスカル様は

     

    こんなお顔で驚愕していました。

    ちょっと余談ですが、個人的にはナポレオンのキャラデザがうまく特徴をとらえられていてウケました。

    リッカ
    絶対読むぞー!!!

     

    知れば知るほどハマるベルばらワールド!!

    スランス革命に強く興味が沸いて、歴史をついつい調べてしまいました。

    高校生のときに世界史の楽しさにも気づけば良かったな。

    オスカル様が現実にいたら絶対に好きになっていました。

    リッカ
    男か女かなんて関係ネェー
    プランク
    (おい)

     

    漫画もアニメも終わり方が少し淋しかったので、同人誌を描いてくれてもいいよ?

    それでは、ごきげんよう💖