小説「婚活探偵」を読んだ独身女子の感想【婚活は七転八倒!?】

アイキャッチ

ハローこんにちは。

尾宅野リッカです。

 

婚活探偵 というドラマはご存じですか?

BSテレ東で放送されていた少しマイナーなドラマですが、個人的に内容が面白くてツボだったので、小説(↓)まで買って読んでしまいました。

ハードボイルド探偵が婚活に挑み、悪戦苦闘する物語です!

婚活のノウハウ本なんかは世にたくさん出ていますけれども、一人の主人公の婚活体験型の小説って珍しいですよね💦

この作品に出会うまでは

リッカ
婚活の失敗談って雑誌のコラムで断片的に書いてあったりするけど、実際どうなんだろう?

と思っていましたが・・・

そんな私にとっても色々と勉強になった、貴重な作品です‼

フィクションでありながら話にとても具体性があるんですよ~😲

 

というわけで、推しのこの1冊をご紹介させて頂きますね(ノゝ∀・)~☆

本記事はあくまで、婚活に関して全くド素人の独身女子の私から見た感想です。婚活市場に関して無知な点などはご了承下さい。

ネタバレ含む部分は(ネタバレあり)って目次に書いておきます↓↓

小説「婚活探偵」ってどんな作品ですの?

2016年~2017年に雑誌掲載されていた作品で、2020年に文庫化されました。

凄腕アラフォー探偵の黒崎竜次(通称・黒さん)が婚活でパートナー探しをするという、風変わりな物語です。

黒さんの詳しいステータスはこちら。

  • 元刑事の探偵
  • 後輩からハードボイルドと慕われている
  • 強面でヘビースモーカー
  • 41歳で恋愛経験なし
  • LINEの使い方すら知らないほど時代に疎い

公園のブランコで猫に語りかけたり「ケツの青いガキ」とか古臭い言い回しをよく使うので、読んでて昔のシアターの世界に迷い込んだ感覚に陥りました(笑)🕵

そんな黒さんですが、街で結婚相談所の広告を見ていくうちに密かに結婚願望が大きくなっていきます。

――このまま、一生独り身じゃないのか。

そしてとあるストーカー事件で犯人の姿を自分の将来像に重ねたことをきっかけに、結婚相談所に入会します。

普段ハードボイルドを気取っているものの、男臭い職場育ちで恋愛に関しては全くの草食系なので

プランク
持ち前の真面目さが転じて失敗続きの婚活を辿ることになります

婚活で出会う女性は目次のとおり、こんな方々です。

  • 第一話 嗅ぐ女
  • 第二話 頼む女
  • 第三話 赤い女
  • 第四話 仮面の女
  • 第五話 暴く女
  • 第六話 切れない女
  • 第七話 私が愛した女

(参照元:本書の目次)

こうして一覧で見るとロクでもない女性ばかりに見えますが・・・

実際はこの中で悪人女性は1人、厄介者女性が1人だけです。

リッカ
それ以外の女性達は少しクセがあるくらいで割と普通なんですけど、それでも難ありでなかなか結婚まで至らないんです💦

なお物語は完全に婚活が主体ではなく、本業の探偵の話もちゃんと入っていますよ。浮気調査とか素行調査が中心ですけれども。

比率的には、婚活:探偵業=7:3というところです。

 

作者は「不協和音」や「完全犯罪」などのミステリー作品を多く手掛けた大門剛明さんです。

ご自身も婚活を経験していて、なんと婚活探偵の連載終了後にパートナーと出会って結婚されたそう🌸

リッカ
過去の婚活失敗談が作品のもとになっているらしいですよ
婚活探偵 (双葉文庫)
created by Rinker

 

婚活探偵を読んだ感想・考察など

細切れになってしまいますが、書かせて頂きますね。

婚活と探偵業の連動が絶妙

主人公・黒さんは婚活に奮闘するも、本業の探偵業も決して厳かにしません。

婚活と探偵業が良くも悪くも何かしら絡み合いながらストーリーが進んでいきます。

リッカ
さすが、推理作家の作品なだけありますね
プランク
恋愛小説ってどうしてもプライベート寄りで仕事の描写が少ないから、ある意味レアな気がする

例えば、

  • お見合い相手に見栄を張るために取った行動で事件解決の糸口を掴んだり
  • 仕事で身につけた変なテクニックを使ってデートのピンチを凌いだり
  • 整形の調査を扱ううちにお見合い相手まで整形と疑ってしまったり

などなど。

全体を通して見ると、探偵・刑事の職で鍛えた思考が働きすぎて相手に物凄い勘違いをして突っ走って自滅するパターンが多かったです。

リッカ
思い込みで暴走はダメですね~

浮気調査で不倫を巧みにやりくりしている男性とモテない自分を比べて嫉妬するシーンはすごく人間らしくて、何とも奥ゆかしかったです🤔

 

婚活は体力勝負だってっことが痛いくらい学べる

落ち込む人イメージ

「落とされて当然」くらいの鉄のメンタルを持たないと婚活はダメっぽいですね。

黒さんは最初のお見合い相手に行きつくまでにネット経由で30回断られ、4人目に行きつくまでには45回も断られてました。

プランク
就活のエントリーシートより通過率低いやーん!

黒さんは月収は高い方ではないけれども貯金は2,000万円超えてるし身長は180cmあるしそんな悪い条件の男性では無いと思うのですが、いざ交際に発展すると

  • LINEやお食事で脈ありだったのに些細な理由でお断りされたり
  • 酷いときはディズニーデートの1時間後にバッサリ切られたり

失恋ってただでさえ辛いのに立て続けでお金まで消えていくとか自分には無理―!!

ショック受ける人のイメージ

って思いました。

それでも婚活は

継続が必要

(↑黒さんの婚活アドバイザーのまどかさんのお言葉です)

まどかさんが言うには、婚活はダイエットに似ていて、努力を重ねても体重はなかなか変わらないけどある時一気に落ちる、つまり2人の距離もいきなり縮まることもあるそうです。

リッカ
婚活はいばらの道だからって(夢は捨てても)希望まで捨てる必要はないんですね!

と、そっと思っておきましょう💡

 

婚活業界の知識・常識がところどころ得られる

お恥ずかしながら、1つの結婚相談所の検索システムが全国の相談所と繋がっていることをドラマ版で初めて知りました。

リッカ
お見合いを申し込んで連絡が一定期間以上来ないと自動的にお断りとして処理されるそうです。がーん

相談所を通したお見合いは、申し込んだ側が相手の住んでる地域へ行く決まりもあるのだとか(コロナ時代だとどうなっているのかは分からないですけど)

と、このように、家に閉じこもってるだけでは知りえなかった情報も得られて大変勉強になりました!!😀

自分的にマジかよと思ったのは

婚活においては二股はある意味必然

だそうです。

ズキュンとなる人

世の婚活人は週5日働きながら複数人同時交際とかよくそんな器用な事ができるな・・・と思ってしまいました。

結局は体力勝負なんですね・・・。

 

ダジャレがおっさん臭い

オヤジギャグがけっこう出てきます。

プランク
「恋」に「鯉」をかけるとかね・・・

ギャグの元ネタも古いです。

作者の大門さんは70年代生まれなので同世代の方にはスッと入ってくると思うのですが、私にはネタの意味が分からなくてネットで調べないと理解不能な部分がありました。

リッカ
ガッツポーズに昇竜拳は無いだろ~

と突っ込みたくなりましたね(笑)

ところどころ出てくる下ネタの使い方すら古かったり・・・💦

さっきから古い古いばかり言って失礼ですね。すみません。

でもなぜかあまり嫌な感じはしませんでしたよ!!

これは、黒さんの人柄の良さが古臭さを凌いでいるからだと思っています( • ̀ω•́ )✧

 

(ネタバレあり)1番面白かった回はカープ女子が出てくる「赤い女」

カープ女子のイメージ

広島東洋カープファンの穂乃果とのお見合いの場で、黒さんまでカープファンだと相手に勘違いされてしまいます。

自分は本当は巨人ファンだと明かせぬままカープファンを装い、ユニフォームまで購入し、巨人vsカープの野球観戦に行くハメになります。

宿敵カープの応援をし通すとかただでさえキツい(゚Д゚;)!!

のですが、応援席で職場の後輩の姿を目撃してしまいます。

穂乃果に怪しまれないように気配りしながら後輩に見つからないよう逃げつつ、カープの応援も演じるという、超最悪の事態に・・・。

野球の実況とともにハラハラしました(野球好きな人は楽しめるかもですけど)💦

プランク
けっきょく後輩には見つからずに済みましたが

あいにく観戦中に穂乃果にフラれます。

なおフラれたのは巨人ファンがバレたことではなく、全く的外れなことが原因だったと後日判明します。

非は完全に穂乃果にあるのですが、私は

リッカ
趣味は同じでも推しが不一致の相手と付き合うとツラい目に合うかも?

と読んでて思いました💧

 

厳しくも優しい婚活アドバイザーの城戸まどかさんが素敵すぎ

黒さんの入会した結婚相談所の担当アドバイザーは、城戸まどかさんという20代後半の女性。

美人だけど厳しいところは厳しく、黒さんの初面談日の模擬デートではこんな採点結果を下します。

――あなたの結婚偏差値は26です

ひとことで言って、臭いんです

会話については

刑事さんの尋問のようになってしまっています

ひぇぇ~ 耳が、耳が痛いよぉぉぉ(((;゚Д゚)))💦

でも実は、婚活人をプロデューサーのように手厚くバックアップしてれる、とても頼もしい方です。

ガラケーユーザーだった黒さんにLINEの使い方をイチから教えたり、服選びに付き合ってファッションアドバイスをくれたりと、とても親身でした。

黒さんがお見合いで失敗するたびに必ず敗因を解説してくれて、その後は必ず「あなたには結婚する資格がある」などの優しい言葉で背中を押してくれます。

婚活って酷い面も多分にあります。二股、三股は当たり前。収入や容姿で人の価値を値踏みし、百万ドルの笑顔の直後に相手を切り捨てて……でも黒崎さんは常にお相手のことを考えてた。

プランク
何て良い言葉~!!!

まどかさんの言葉は、思わず拾い集めたくなります✨

「会話で尋問のようになってはいけない」とか「ネガティブ発言がダメ」とか、厳しいご助言の中にもエッセンスが散りばめられているので、なかなか参考になりました。

リッカ
結婚相談所って単に条件に合った相手を紹介するだけっていうイメージが強かったんですけど、まどかさんでだいぶ印象が良くなりましたよ💕

 

迎える結末は・・・?

最終回の表題は「私が愛した女」です。

愛した女というのはだいたいご察しどおりですが、最後のシーンは

リッカ
取られちゃう~~~!!!

って凄くドキドキしました。こっちまで誤解しちゃいましたね😅

肝心の結末ははっきりはしないのですが、「この先に幸せな未来が待ち受けてるんだろうな」と思わせてくれます。

ハッピーフラグでこちらもハッピーな気持ちになれますよ~★

黒さんは転んでばかりの婚活を通して自分の本当の気持ちを察することができたし、何だかんだ社交的になれたし、

長くて辛い経験は全くムダではなかったんだなって思えました!!

リッカ
ドラマで続編か特別編やってくれないかな~

 

婚活探偵のドラマ版はどんな作品?小説版との違いは?

ドラマ版(2022年1月~2月放送)は小説版と80%くらい同じですね。

大筋はズレていませんが、細かいところに多少違いはあります。

一番大きな“違い”は、最終回の誤解解決シーンに出るキーパーソンが異なる点でしょう😲

それはそうと、ドラマ版は全6話で打ち切られて大変ショックでした。

リッカ
なぜ地上波じゃないの?と思うくらい名作だったのにー💔

しかも小説版の推し回の「赤い女」だけが未収録でさらにショックです💔

(野球会場をロケに使うのは感染リスク的にも予算的にも難しかったのでしょうか・・・)

ドラマオリジナル回なんかも作ってほしかったな~って思っています。

 

キャスティングについては、主人公の黒さんは小説版だとこんな強面

なので、爽やかイケメン俳優の向井理さんとは少し違うかな・・・と誰もが言いそうですよね?

でも、向井さんの演技で「イケメンなのに女性からモテない残念感」みたいなのが嫌味なく表現されていたので、これはこれで良いなと思っています💡

あと、アドバイザーのまどかさん役は成海璃子さんなのですが、小説のイメージのまんまです。

リッカ
華やかで芯のある女性って感じで素敵でした

橋本マナミさんはバーテンダー役がすごく似合ってましたし、お見合い相手のゲストは「最近見ないな~」って女優さんが出てきて地味にテンション上がりました!

プランク
市川由衣さんとか筧美和子さんとかね

 

差別的表現については個人的には気にならないレベル

差別的表現について、最初のページの「お断り」にこんな表記があります。

作品によっては差別的表現と受け取られかねない表現が使用されている場合もありますが、作品の書かれた当時の事情を考慮し、原文のとおり掲出した個所があります。あらかじめご了承下さい。

リッカ
いや、差別表現を100%避けたら婚活の小説なんて書けないからそんな悪びれなくても・・・

と思うのは私だけでしょうか?

最後まで読みましたが、気になる差別的表現は特にありませんでしたよ(あくまで個人的にはですけど)

むしろもっとキツいこと書いてあるかと思ってたくらいです😅

差別に近い表現があるのだとすれば、婚活パーティーでの格差か、もしくは相談所に乗り込んできた婚活クレーマーが低年収男性を侮辱するシーンくらいでしょうね。

プランク
婚活クレーマーは黒さんの誠意に負けて捨て台詞を吐いて去っていくので、ご心配なく!

 

婚活探偵の小説でストーリーを楽しみつつ婚活を学んだオタク女から、最後に

お見合い相手の趣味に合わせてグッズに10万円かけても一瞬でフラれる黒さんを見て「婚活ってそんなモンなのー!」って最初は思いましたが、

ハッピーフラグを感じる最終回になって本当に良かったです( ´  ` )

不透明すぎる結婚ワールドも少し知こともできて、大変参考になりました✨

リッカ
高収入男性や美女ばかりに人気が集まるのは仕方無いにしても、婚活ってそんな単純なモノでもないんだな~と思いましたわ

あとこれは話のメインではないんですけど、浮気調査の依頼人女優が旦那の不倫相手にあの後どう復讐したのかは少し気になりました。

プランク
「女は逆RPG」っていう深くてキツい格言、流行るかも💧

 

とりあえず「自分が結婚相談所に向いてるか向いてないか」の判断材料の一つになるかもしれない小説です。

そしてもし私も婚活相談所を利用する日が来たら、参考書として必ず読み返すつもりでいます♪

婚活探偵 (双葉文庫)
created by Rinker

それでは、ごきげんよう💖🔔

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。