【アイドル受験戦記】売れっ子の難関大学合格体験談に基づく自己啓発本を読んだオタク女子の感想

 

ハローこんにちは。

尾宅野リッカです。

 

さて、今日ご紹介するのはこんな本。

【アイドル受験戦記 SKE48をやめた私が数学0点から偏差値69の国立大学に入るまで】

 

めっちゃインパクトあるタイトルですよね!!

表紙の美少女がもちろん著者さん。

元SKE48のメンバーのひとりである菅なな子さんです。

リッカ
とても可愛らしい女の子❤

 

さて、皆さん気になるでしょう「偏差値69の国立大学」とは・・・

ズバリ!

名古屋大学です!!

 

プランク
超名門の難関大学やーん!!!!

売れっ子アイドルから旧帝大って・・!!!

しかも現役合格ですよ!!

(  Д ) ⊙ ⊙

 

しかも受験勉強は、SKE48卒業後の高校2年生の冬からスタートしたそうです。

実質1年と数カ月の勉強期間で旧帝大合格!!

(  Д ) ⊙ ⊙

 

その合格の実態とは・・・!?

 

実に興味深い1冊。

「山あり谷あり」がぎっしり詰め込まれた1冊。

お受験を控えているお友達も、アイドルオタクも、そして名古屋大学関連者さん必見の1冊。

 

そいじゃあレビューをお届けしますね!!

著者の菅なな子さんはこんな方

  • 中学3年生で2011年、SKE48オーディションに合格
  • プログラミングによる自作の「ななロボ」と共にテレビ出演し、「ロボ女」キャラとして注目を集める
  • 学業専念のため、高校2年生冬(2013年)にアイドルを引退
  • 名古屋大学・経済学部に現役合格
  • この本が出版された2016年頃、大学生にして公認会計士資格取得のための専門学校にも通われていたそう
  • 現在は、希望していた業界の会社員として勤務されているそう

 

リッカ
リッカの夢である「才色兼備」を高校生にしてゲットされたなんて、羨ましい

プランク
それ相応の努力があったんだゾ!

 

この本はこんな方に読んで欲しい

  • 受験やお勉強で「喝」を入れたい方 (←模範解答)
  • 何かしら、これから「頑張りたい!」を持っている方
  • 努力の「やり方」を知りたい方
  • アイドルオタク (←模範解答)
  • アイドル業がどんなもんだか気になる方
  • 何か刺激が欲しい方

 

プランク
一番下の。読者に誤解を与えるような表現は辞めろ

 

この本の内容・見どころを9つ紹介

SKE48オーディションの軽いネタバレが!!

ファン必見ですね。

「へぇ~」の連続でした。

大人気AKBグループのオーディションなんて言ったら、難関大学受験よりもはるかに凄い倍率。

彼女のダンスの天賦の才能・歌に対する努力・独自のユーモアさのコンバインでSKE48に合格した、という感じでした。

ただ見た目が「可愛い」だけではこのグループには入れないんでしょうな。

 

アイドル業の凄まじさ

学校が終わると、ほぼ毎日レッスンという日々が始まった。電車に乗って一時間くらいかけて、栄の近くのレッスン場に通う。夕方から三時間くらい歌やダンスのレッスンを受けた。

毎晩、家に帰るのは十時頃になっていた。

ようやくリハーサルを終えると、一人だけ控え室に走って戻って大急ぎで着替え、最終の新幹線で名古屋に戻って、翌日のテストを受けた。

(いや、これ、過労死モンだろ)

読んでて思いましたが、売れっ子アイドルは相当タフじゃないと絶対できないはず!

学業との両立、さぞかし疲れたでしょうね・・・

疲労も酷くて実際に進級もボーダーラインぎりぎりだったらしいですし。

しかもブログのノルマまであったとは。

見られているSNSの更新って地味に大変なんですよね(おい)

「売れっ子アイドルは楽でいいよな~」と思っていた自分、本当に何も知らなかったし軽率でしたわ。

 

実は超読みどころ:アイドルを辞めて大学進学を決心!!

ネタバレになってしまうので書きませんが、非常によく考えているな~と感心しました。

「こうなりたい」があるからこその大学受験への決心。

前向きでかっこええ!

(私なんて高校生のときは「みんな4大に行くから自分も4大いこ~」的な軽いノリだったもんなぁ)

 

受験勉強に対するタフさ

体力だけでなくも精神面も。

そして数学はなんと0点!

高校3年生の6月の模試がこうだったそうです。

 

リッカ
私だったらもうこの時点で旧帝大は諦めてしまうな・・・

周囲から見たら「超無謀」な挑戦なのに、めげない精神力。

どんなに偏差値が足りなくても、「合格基準点とのおっかけっこ」をどこか楽しんでる感がありました。

学力の成長っぷりがグラフ・数値を見ると本当に凄い。

特に予備校での自習内容(語ったらキリがないので割愛)が、まさに神業。

空き時間の有効活用も上手すぎる。

大人だってこんなに器用なことできないぜ。

 

規則正しい生活の確保・やることのパターン化・環境の確立

これは怠惰に聞こえるかもしれない。

しかし実は、「頑張る」に当たっては、これらが一番大事なんです!!

だって、余計な事に気を使う必要がなくなるんですもの。

「無理をしない」の歯止めにもなりますよ!

ちなみに私は大学生のとき、試験で良い点を取りたいがために夜中の3時まで勉強という生活を数日した結果、風邪をひいてダウンしました。

体調崩したら意味ネー!!

プランク
受験は始まるのは朝だしね!

 

勉強法の「書く!」「読む!」がとにかく凄い

半分無心で手や口をひたすら動かす勉強法も、とても効果的なんですよね!

「書く!」に至っては当時のノートが一部公開されています。

文字でぎっしりの自作ノートが何冊も!!!

これは二宮金次郎もビックリモンかも!?

 

「女の子」を受験のために一旦セーブ

二種類のトレーナーだけ!

シャンプーの後に髪を乾かす時間がもったいない・・・(中略)・・私は襟足が見える長さまで、髪をバッサリと切った

元アイドルがそんなことしちゃうー!?

が、てんこ盛りでした。

お年頃の女の子がスマホをガラケーに変えた意気込みとその理由も、地味に凄かった。

 

家族愛も泣ける!!

わからないところは理系の父と兄に聞いた。父親は仕事から帰ってきた後や、朝寝ているところを起こしても、嫌な顔をしないで教えてくれた。

私はトイレがすごく近い体質だったので、母は模試のたびに、水分量が少ない弁当を用意してくれた。

これはほんの一部。

ご家族からの支え、とてもいいモチベーションになったのかと思われます。

我が家は勉学に対してほぼ放置だったので、温かい連携プレイが少し羨ましく思いました。

 

受験~合格発表までのドラマ

語るとネタバレになるので、これもほとんど割愛しますが。

いやぁ、本当に映画を見ている感じでしたね。

成功談だけではなかったそう。試験期間での予想外の数々の失敗から、けっこうイジけてしまったようです。

いっけん完璧主義に思える菅さんにも人間らしいルーズな面もちらほらあり、共感できるところも多かった。

でも、これまでの地道な努力が味方をしたんでしょう。

逆境に置かれても合格を実現させちゃったのが、さすが彼女ですよ!

合格記念に名大で制服姿で撮影された写真を見て、私もすごく幸せな気持ちになりました。

 

非常に限られた時間での見事な大勝利、おめでとうございます!!

 

受験戦記から感じたこと、学んだこと

本を読んだ限りですが、菅さんは目の前のことに全力で取り組む真面目な方だなぁと、お見受けしました。

アイドル業も。学業も。

とても素直な方なんです。

当時のSKE48メンバーにも、予備校の受験仲間にも、彼女が与えた活力は実に大きかったのではないでしょうか。

現在の彼女もきっとそうなんだろうと勝手に想像しています。

 

また、私は学生時代にいかに無駄な時間を過ごしていたのかを反省させられました。

特に夢も持っている訳でなく、「自分が入れる偏差値の私立高校」や「自分が入れる偏差値の私立大学」でボーっと過ごし、なんとなく国立工業大学の大学院に「院ロンダ」して、学術・研究よりもオタク度を極めたキ●い女オタクだったので。

まあ努力はそれなりにしてはいたけど、特に方向性もなくいつも「その場しのぎ」だったしな。

(おっと、自虐はここまで)

 

でもこれだけは言わせて。

出来れば高校生のときにこの本に出会いたかったです。

ちなみに私は高校1年生の夏にちょっと成績が悪かっただけで国立大学を諦めました。

「無謀」にいくらでも挑戦できる若い頃に、非常にもったえないことをしたな~

と、後悔の嵐でございます。

(おっと、また自虐を失礼しました)

 

菅さん、心の底から本当に眩しいです。

私よりお若いですが、尊敬しています。

 

菅なな子さんの更なるご活躍が気になる方は・・・

こちらの本に、AKBグループ卒業生の一人として、彼女のその後が記載されているらしいです。

 

【アイドル、やめました。 AKB48のセカンドキャリア】

 

(かく言う私はまだ読んでいませんが)

菅さんのご活躍、気になりますよね!

読んだら書評レポートする・・・かもです!!

 

受験戦記で学んだオタク女から、最後に

以上、過去の自分語りを交えたレビューでした。

(凡人の私が長々と失礼しました)

でも読んで下さり有難うございました。

 

読んでいくうちに野心が沸いて

「自分ももっともっと頑張りたい!」

と思った読者の方も多かったのではないでしょうか。

私は英語に対するモチベーションが風化しつつあったので、とても良い刺激になりました。

電車の中で英語を聞くのも最近放棄してたなぁ。

リッカ
今までサボった分を取り戻さなければ!!

 

自分を戒めるのは辛いことだけではありませんよ。

なお私は志望校に合格したときよりも、録画の撮り溜めをしていたアニメを試験終了後に一気見したときが人生で一番幸せでした(笑)

 

「青春」を我慢して夢に向かって突き進む不屈の努力、これもこれとて「青春」ですよな。

 

リッカ
夢は見るものじゃない。叶えるものだよ
プランク
アニソンの歌詞をあたかも自分の格言のように言うな

 

それでは、ごきげんよう💖