台湾祭in横浜赤レンガ2022に行ってきたレポート【夏の夜市ロマン♪】

アイキャッチ

ハローこんにちは。

尾宅野リッカです。

 

8月の中旬。

「台湾祭in横浜赤レンガ2022」にお友達と行ってきました。

台湾祭の入口の写真その1

台湾の夜市を日本で再現するというコンセプトのイベントです♪

リッカ
2022年度は東京タワーと木更津でも開催されたそう

台湾の雰囲気に包まれながら台湾料理が食べられるビアガーデン✨という感じで、しみじみと楽しむことができました。

 

「台湾旅行が好き」「台湾グルメが好物」というお友達は必見のこのイベント!

写真とともにレポートをお送りしますね💝

【追記】 今回ご紹介する横浜赤レンガ版は終わってしまいましたが、台湾祭 in 埼玉 KOSHIGAYA 2022は2022年9月10日~10月2日まで開催中です!

 

「台湾祭in横浜赤レンガ2022」開催概要

  • 開催場所:横浜赤レンガ倉庫 イベント広場
  • 開催期間:2022年 7月30日(土)~8月14日(日)
  • 開催時間:11時~21時 (最終入場&ラストオーダーは20時)

当日券も購入可ですが、混雑の場合は入場規制ありなので、前売りチケットがおススメです。

 

チケットの種類はいくつかありますが、

私は税込800円(子供は税込500円、未就学児無料)のものを購入しました。

来場得点はパイナップルケーキ・オリジナルトートバッグ・台湾ウーロン茶(ペットボトル)と、なかなか豪華でした✨

来場得点

(台湾ウーロン茶は当日飲みきったので写真撮りそびれました💧)

トートバッグの色と台湾ウーロン茶の種類はランダムだそうです。

パイナップルケーキはトロピカルな味で美味しかったですよ( ´  ` )

 

台湾祭イベント会場に行ってきました!

先にざっくり感想を。

  • 規模はあまり大きくない
  • グルメの種類が豊富(←重要!!)
  • 台湾風の飾り付けが綺麗
  • 夕方からの入場が狙い目

下の2つについて。

飾り付けが夜になるとより一層映えるんです(特にランタンが😍)

が、夜は混雑してくるので、夕方のうちに入って席を確保しておくのが勝ちですよ!

リッカ
スタンディング席が無くて全て椅子形式なので💦

 

では、当日の様子をレポートしていきます~。

イベントの様子の写真その1

18時頃入場。

会場内は台湾ミュージックがかかっています♪

イベントの様子の写真その2

会場中央にはランタンアーチがあります。一番の撮影スポットです!

プランク
ランタンは手書きで色々な柄のものがあるよ~
イベントの様子の写真その3

イメージキャラクターの「魚頭君」

イベントの様子の写真その4

後ろ姿は刺身になっています。なんて斬新・・・

 

イベントの様子の写真その5

赤レンガとのミスマッチがまた良いですね~

イベントの様子の写真その6

席を確保! 屋根付きの席は赤いランタンで飾られています。

リッカ
台湾の観光スポット「九份」が思い起こされます💕
台湾の九份

【参考】数年前に撮影した台湾の九份の写真

懐かしい(´・ω・`)

 

イベントの様子の写真その7

屋台で一番に目が行くのは小籠包ですよね!

イベントの様子の写真その8

他にも「葱油餅(ツォンヨゥピン)」というネギの包み焼きや

イベントの様子の写真その9

「胡椒餅(フージャオビン)」という特殊な肉まんも推されていました。

そして・・・

イベントの様子の写真その10

かの有名な 臭豆腐 がいらっしゃいました😱!!

でも、臭いは会場に充満はしていなく、割と抑えられていましたよ。

リッカ
屋台の近くに行くと臭うかな~くらいです
イベントの様子の写真その11

ドリンクも種類豊富。

イベントの様子の写真その12

スイーツも珍しいモノが揃っていました!

イベントの様子の写真その13

足つぼマッサージや占いの露店も。

イベントの様子の写真その14

「超級市場」ではスナックや食材などのお土産が買えます。

イベントの様子の写真その15

ひっそりと立つゲームコーナー。

イベントの様子の写真その16

台モノのゲームがレトロです。景品は主にぬいぐるみでした。

イベントの様子の写真その17

エビ釣り体験もできます(2ゲームで税込500円)

紙の糸で繋がれた釣り竿(?)で捕まえる方式です。

イベントの様子の写真その18

エビの元気が良かったので私は失敗しましたが、友人は1匹すくえてました👀

なお景品は釣ったエビではなく(別の)焼きエビです。

イベントの様子の写真その19

気付けば夜も更けてきて・・・

イベントの様子の写真その20

会場からコスモワールドやみなとみらいの夜景も拝むことができました✨

イベントの様子の写真その21

赤いランタンはますます華麗になります。

イベントの様子の写真その22

オブジェもライトアップされて、ますます高まる台湾ムード♪

イベントの様子の写真その23

「いつかまた台湾に行きたいなあ~」ってなりました(ㅅ´ ˘ `)✧.。.:*

 

飲食したメニューをご紹介

グルメもスイーツも美味しくて楽しめましたよ😋

ごはんモノは現地のものより香辛料のクセが控えめでした(←個人の感想です)

以下、価格は全て税込みで記載しますね。

 

  • 小籠包(5個で600円)
小籠包

そこまで熱くはなく、肉汁の量も少なめでした。

(「肉汁ブシュッ→アツい!」という小籠包あるあるの事故が無くて良かったです笑)

 

  • 大鶏排(ダージーパイ レギュラーサイズ(2個入り)で900円)
大鶏排

台湾の名物のジャンボ唐揚げ。

皮がカリカリでちょっとスパイシーでした。

 

  • 913王茶
913王茶

すっきり味の台湾茶。

無糖・加糖タイプが選べますが、スイーツも一緒に食べたい方は無糖がおススメです。

 

  • 胡椒餅(フージャオビン 600円)
胡椒餅

皮がボリューミーで新感覚!胡椒の味が濃く、こちらもスパイシーでした。

 

  • 豆花(トウファ 500円)
豆花

ナッツの入った豆乳スイーツ。赤くて見えにくくてすみません💦

薄めの不思議な味でした。

 

  • トリプル水果剉冰(シゥイグゥオツァイピン 1,100円)
トリプル水果剉冰

マンゴー・パイナップル・イチゴの入ったトリプルかき氷。

5種トッピングのタイプ(ピーナッツやタピオカなどが選べる!)もありましたが、そちらはさらに人気で売り切れでした😭

 

とまあ、けっこう色々飲み食いできちゃった!!

なお、どの屋台も衛生面はしっかりしてそうでした。

(台湾本場の夜市って衛生管理が適当だから日本人はお腹壊したり吐いたりするんですよね💧)

リッカ
何がともあれ、赤レンガの前だと台湾グルメもまた違ったたしなみ方ができましたよ~

 

 

夏の台湾祭でロマンチックにグルメを楽しんだオタク女から、最後に

台湾祭の入口の写真その2

以上。

台湾ロマンとグルメが一度に楽しめるイベントのご紹介でした🥰

リッカ
あなたの食べたいものはありましたか?

私的には「日本人は台湾本場の夜市よりもこっちの方が落ち着くかな?」と思いました。

(本場の夜市はガヤガヤ密集していて臭豆腐の臭いが強烈なんですよね。ある意味「ザ・アジア」って感じで楽しいんですけどね)

 

真夏の昼は暑くてちょっとキツいので、やはり夕方からの入場がおススメですね!

遅すぎると人気メニューが売り切れたりするので18時くらいのタイミングがベストでした♪

 

それでは、ごきげんよう🍍💖

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。